GPS発信機器・デジタル位置情報発信機器からの防御対策

GPS追跡装置(GPS発信器)・車両用追跡音発信器等の防御対策
GPS追跡装置(GPS発信器)・携帯電話改造型GPS発信器・GPS携帯電話端末からの通信電波が行われているか、車両用追跡音発信器からの発信が行われているかどうかを定期的に確認することが必要です。

小型携帯電話ジャマー8341ha-4 goldenの電話ジャマー

GPS追跡装置(GPS発信器)・携帯電話改造型GPS発信器・GPS携帯電話端末・携帯電話利用デジタル盗聴器などの各種機器からの通信電波、車両用追跡音発信器からの発信電波を検出する機器の詳細は、gps周波数妨害を参照してください。
ご購入は、こちらのページを参照してください。

現在の社会においては、誰でもが突然にGPS追跡の対象者となり、誰でもが突然にGPS追跡者になってしまう状況にあります。
身近な人物あるいは他の第三者が「GPS追跡装置(GPS発信器)を仕掛ける」予想も付かない社会状況です。

GPS追跡をされていることは、GPS追跡装置(GPS発信器)が運よく発見されなければ、GPS追跡されていることにまったく気づきようがありません。
そして何らかの理由で発見されなければ、GPS追跡装置(GPS発信器)が仕掛けられたまま永久的にプライバシーが漏洩し続けることになります。

第二に、通信機能抑止装置利用している携帯電話会社の電波を遮断・妨害する。

これらの方法をとることによりGPS衛星電波による測位ができなくなり、また基地局(アンテナ)との交信ができなくなり位置情報の確認交信ができなくなります。
結果、基地局のネットワークに繋がらないことになります。これで完全に現在地の位置情報を取得される行為から回避することが可能になります。
各電話会社が使用しているデジタル電波の周波数は次の通りです。

携帯電話で使用されるデジタル電波の周波数
■800Mhz帯・・・・・docomo
■800Mhz帯・・・・・au 【cdmaone】
■900Mhz帯・・・・・au、SoftBank、docomo
■1500Mhz帯・・・・・SoftBank、docomo
■1700Mhz帯・・・・・EMOBILE、docomo
■1900Mhz帯・・・・・WILLCOM <PHS携帯電話>
■2100Mhz帯・・・・・docomo、SoftBank、au、各社第3世代の携帯電話

3G/4G携帯電話ジャミング

GPS 衛星の電波を遮断する作用のある車のウィンドウガラスについて

一部の車種のウィンドウガラスに、GPS 衛星の電波を遮断する作用のあるものがあります。

スマホ電波障害は電波を遮断するウィンドウガラスや熱線反射ガラスを使用した車種で GPS 衛星の受信感度の低下が起こることが確認されています。
高級輸入車、一部国産車のオプション等で装着されている熱線反射ガラスには、電波を反射してしまうものもあり、GPS 衛星の受信感度の低下のほか、携帯電話が通じにくくなったり、ETC 車載器が使用できなくなったりする場合があります。

携帯電話・PHS携帯電話は、電源が入っている状態において、常時その電話会社の基地局(アンテナ)と基本信号のやり取りを行い位置情報の確認交信を行っています。

この基本信号の交信によって、携帯電話会社のコンピューターはその携帯電話・PHS携帯電話のある位置を常時把握しています。

また、携帯電話・PHS携帯電話のある場所が移動するば、盗撮発見器近くにある基地局と基本信号の交信を行い現在の位置情報を確認します。これらのシステムにより、電話を掛けても常に相手にが早く繋がる訳です。

したがって、GPS衛星電波を測位して取得した位置情報(現在地)あるいは、携帯電話基地局を利用して取得した位置情報(現在地)を素早く相手側に送信することができます。

関連サイト

  1. http://dailysca.pe/goobuy/2016-07-03
  2. http://www.folkd.com/user/goobuy
  3. http://goobuy.angelfire.com/